ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アイガー北壁「日本直登ルート」開拓50周年 隊長自らカメラに収めた前代未聞の挑戦

1969年夏、ジャパン・エキスパート・クライマーズ・クラブ(JECC)のメンバー6人(加藤滝男、今井通子、天野博文、久保進、根岸知、加藤保男)が、アイガー北壁に新ルートを開拓。そのルートは「Japaner Direttissima(日本直登ルート)」と名付けられた。「赤い壁」と呼ばれる難所を通る直登ルートは前代未聞の挑戦だった。

度重なる落石や天候の激しい変化、滑落、その挑戦はまさに苦闘の連続。しかし、隊長の加藤滝男が自らカメラに収めた写真に疲労感はない。むしろ困難な挑戦に心を躍らせるかのような明るさが感じられる。

写真はグリンデルワルト郷土資料館(Grindelwald Museum)提供、加藤滝男撮影

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。