ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アカデミックハラスメント アカハラで解雇のETH大学教授が訴訟

ETH building

ETHチューリヒ校

(© Keystone / Walter Bieri)

指導する学生にアカデミック・ハラスメントをしたとして今夏解雇された連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の女性教授が、処分は不当だとして大学理事会を訴えた。連邦行政裁判所で審問が開かれることになる。

大学理事会は10月末、女性教授から訴訟を起こされたことを認めた。

教授はアカハラをはたらいたという学生側の告発は虚偽であり、いじめの被害者はむしろ自分の方だと訴えている。代理人弁護士は「解雇は不当であり、撤回されなければならない」としている。

この問題は2017年2月、女性教授から指導を受けていた博士課程の学生数人が大学側に申し出たことで発覚。ささいなことで学生を深夜まで拘束したり、高圧的な態度を取ったりしたというもので、期間は10年以上前にさかのぼる。教授は2002年、夫とともに同校の天文学研究所を立ち上げた。

問題発覚を受け、同校は女性教授と夫の2人を一時長期休暇扱いにした。その後の調査委員会で「長期間にわたる重大な職務違反」が明らかになったとして、女性教授は2019年7月、解雇された。ただ調査委は解雇自体は勧めず、博士課程の学生の指導許可を与えるべきではないとしていた。

連邦工科大学チューリヒ校の歴史上、教授が解雇されたのはこの件が初めてだった。

Keystone-SDA/jdp

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。