ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アナン国連事務総長訪瑞、スイス企業に援助要請

ダイス外相(左)とアナン事務早朝(左から2人目)。チューリッヒのトラム・レストラン(特別仕様の市電。内部がレストランになっており市内めぐりをしながら食事ができる)内で。

(Keystone)

コフィ・アナン国連事務総長が28日から3日間の予定でスイスを訪問している。28日はチューリッヒで、ジョセフ・ダイス外相とスイス財界人の集いに出席、スイス企業にグローバルコミュニティーのためより大きな責任を果たすよう呼び掛けた。

多くのスイス企業は、アナン国連事務総長が1999年のダボス会議で提唱した国連と民間セクターの連帯「グローバル・コンパクト」に賛同している。が、アナン事務総長は、より多くのスイス企業がグローバル・コンパクトを支援するよう要請した。「グローバル化が進む一方で、世界人口の大部分は飢餓、病気、暴力に苦しんでおり、また教育も受けられないでいる。スイスは、その規模と地理のため、長い歴史の中で国の独立性と外界の利益との結合の必要性をよく理解している。スイス企業は多くの主要経済部門で世界をリードしているが、グローバル市民としてもリーダーになれると、私は確信している。」と、1600人のスイス財界人を前にアナン事務総長は語った。

また、ダイス外相は「政界と財界は果たすべき役割が違い使命も違うが、同p「界で垂ォている。世界は1つだ。そして、我々は政治と経済をまとめて面倒見なければならない。」と、政治と経済の連帯責任を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×