歴史&宗教

アナーキストがスイスを恐怖に陥れたとき

スイスの歴史を紐解くと、政治的動機による暴力行為が、現在考えられているよりもずいぶん多い。しかし、犯人たちが広めた恐怖は、実際のダメージよりもずっと大きかった。  

David Eugster, Andrea Caprez(イラスト)

1898年9月、シシィという愛称で親しまれたハンガリーの女王、そしてほかならぬオーストリア皇后のエリーザベトが、女官と河岸を歩いていた。すると見知らぬ男が彼女に突進し、皇后の胸に爪やすりを突き立てた。皇后は取り立てて騒ぎもしなかった。だが、その後意識を失い、数時間後に死亡した。 

皇后殺害は、近代スイス史では最初の政治的暗殺事件とみなされている。実行犯のイタリア人、ルイージ・ルケーニは自身をアナーキストと公言していた。ルケーニは志を同じくする人たちと同様、スイスへの亡命を手助けしていた1人だった。1848年革命が失敗に終わってから、スイスは欧州の君主制と戦った政治亡命者を受け入れていた。スイスは、アナーキズムという概念が生まれた場所ではないにしても、アナーキストたちにとっては重要な避難先だった。 

しかし、アナーキストの戦いは、国境の向こう側だけで起こっていたのではない。スイス政府も攻撃の的にされた。1880年代、アナーキストが連邦議事堂を爆破すると脅迫したのだ。

スイスにいたアナーキストの多くは、「行為によるプロパガンダ」を信じ、暗殺を働いた。 「民衆を奮い立たせようにも、我々には資金がない。だからセンセーショナルな犯行を実行するのだ。同じ目的を果たすために」。ロシアのアナーキスト、イサーク・デンボは尋問でそう語った。彼はスイス連邦工科大学の研究所を使って、爆弾を造った疑いがかけられた人物だ。 

いくつかのアナーキスト裁判は国際的な注目を集めた。例えば、1906年にインターラーケンのグランドホテルでフランス人実業家を射殺したタチアナ・レオンチェフだ。彼女は、ロシア内務大臣と間違えて、この実業家を殺してしまったのだ。地元農家らによる陪審員は彼女を無罪にこそしなかったが、責任能力が認められないとして軽い実刑判決を出した。  

国民の堪忍袋の緒が切れたのは、1907年にアナーキストがモントルーの若い銀行員を銃で撃ち殺した事件だった。逮捕された犯人は、怒りに沸く市民にリンチされかけたほどだった。暴徒は死刑を要求した。 

暴力犯罪のうねりに対し、亡命の規制を厳しくせよと声高に叫ばれるようになった。その1つが、1894年のいわゆるアナーキスト法だ。それは爆弾の製造に刑罰を科すというものだった。 

しかし、基本的な精神は明らかに維持された。「『欧州における自由の概念』は、スイスによって放棄されるべきではない」。ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZZ)はそう記した。 

「自暴自棄になった人間をある国から別の国へ追い立てていくことはできる。だがいつの日か彼らは機会を得て、それを最大限利用するだろう」 

「文明の栄光の中にあって、自分たちが安全ではないと考えるのは、屈辱的なことかもしれない。だが、それはそういうものであり、我々はうまく折り合いをつけていくのだ」 

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する