Navigation

アルプス周辺8ヶ国、アルプス条約交通条項に調印

アルプス周辺8ヶ国の環境相は31日、アルプス条約の交通による環境破壊を制限する条項に調印した。(写真:8ヶ国の環境相。右から2人目がスイスのモーリッツ・ロイエンベルガー環境相)

このコンテンツは 2000/11/01 15:08

アルプス周辺8ヶ国の環境相は31日、アルプス条約の交通による環境破壊を制限する条項に調印した。(写真:8ヶ国の環境相。右から2人目がスイスのモーリッツ・ロイエンベルガー環境相)

ルツェルンで開かれていたアルプス会議で、スイス、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、リヒテンシュタイン、モナコ、スロベニアのアルプス条約締約国は、新たなアルプス縦断道路建設を禁止し、交通量を住民の生活、植物、動物の生態系を脅かさない程度に抑える交通条項に調印した。

また、スイスはエネルギー、紛争解決の2つの合意協定にも署名した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。