アンディ・フグ映画 ロッキーからサムライへ③

愛息が生まれてすぐに大阪に凱旋したアンディ・フグ。数日後に開幕するK-1グランプリで、当時無名のボクサー、マイク・ベルナルドとの一戦を控えていた。

このコンテンツは 2020/08/27 06:00
スイス公共放送(SRF)

日本ではすでに有名人のフグ。街ゆく人から次々に握手を求められるほどの人気ぶりだが、心の中は孤独にさいなまれていた。フグ自身がそう語る。

1995年3月のK-1グランプリ開幕戦。ベルナルドとの対戦のゴングが鳴る。スイスの自宅で待つ妻イロナは、試合の行方が気になって仕方がない。そんなイロナのもとにかかってきた電話はー。

「アンディ・フグ~ロッキーからサムライへ」

1995年、スイス。フリッツ・ムーリ監督。スイス公共放送(SRF)制作。貧しい家庭に生まれ、ケンカに明け暮れた不良少年が空手と出会い、日本のK-1で名声をつかむー。映画「ロッキー」を地で行くような格闘家アンディ・フグの半生を、本人や家族、友人のインタビューと共に振り返る。

swissinfo.chでは2020年8月25日から、この映画を全5回に分け、日本語字幕付きで配信する。

End of insertion

(敬称略)

※日本語字幕付きで視聴される方は、画面の字幕設定をオンにしてご覧ください。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する