Navigation

インターネットバンクがスイス貯蓄市場に挑戦

スイスのリテール・バンキング市場における競争の不在は、成功の助けとなるとカウプシング・エッジ銀行は語る

アイスランドの「カウプシング・エッジ銀行」が、高利率のインターネット口座を提供して、変化に欠けるスイスの小口貯蓄市場に流動性を与えようとしている。

このコンテンツは 2008/06/11 15:26

スイス銀行業界には競争原理による覚醒が必要だが、同行の参入によって、取引銀行をなかなか変えないスイス人顧客に、確立した評判のあるスイスの銀行が新サービスを提供するようになるかどうかは疑問と見られている。

競争相手の不在

今週カウプシング・エッジ( Kaupthing Edge ) 銀行は、スイスのリテール・バン キング業界に衝撃的な参入を果たした。同行は、目抜き通りに本店を置くスイスの有名銀行よりもはるかに高い利率を新規のオンライン口座開設者に提供している。オンライン口座開設から今年9月までの利率は4%で、その後今年度末までは3%となる。

来年以降の利率に関してカウプシンング・エッジ銀行は、通常約2.5%のスイス国立銀行のオーバーナイト・レートと同様か、またはそれ以上の利率を約束している。一方スイスの銀行の貯蓄口座の利率は大体1%程度だ。

カウプシング・エッジ銀行の6カ月間と12カ月間の定期預金の利率も、スイスの普通の銀行より非常に高い。同行がこのような高利率を提供できるのは、ひとえにインターネットを通してサービスを供給し、各都市の目抜き通りに支店を設置するための諸経費を必要としないからだ。

カウプシング・エッジ銀行のチーフ・エグゼクティブのマグナス・ガドマンドソン氏は、競争が存在しないことが成功の助けになるだろうと述べる。
「スイスのリーテル・バンキング市場の利率の低さには驚きました。スイスには銀行が非常にたくさんあるので、競争相手がもっと多いと思っていたのです。しかし、ほかのどの市場よりも少ないことがわかりました」
とガドマンドソン氏は語った。

限られた影響力

チューリヒ大学の「スイス・バンキング研究所」のマルタン・ヤンセン教授は、スイスのリテール・バンキング市場は覚醒の時期に来ていると確信していると言う。しかし、カウプシング・エッジ銀行の影響力がそれほど大きいかどうかは疑問であり、近い将来ほかのインターネットサービスの金融機関がスイス市場に参入するという確証はないと述べる。
「INGやDABなどのインターネットバンクのような新しい競争相手がスイス市場に参入して、従来からあるスイスの銀行より0.5%、あるいは1%も高い年利を提供するといった可能性はあるかもしれません。しかし、ヨーロッパのトップのインターネットバンクはスイスの状況を綿密に分析し、今のところ市場参入を見合わせています。スイスのような小さな国で貯蓄口座から利益を上げる可能性は、あまりにも小さすぎます」
とヤンセン氏は指摘する。

またヤンセン氏は、スイス人顧客がイギリスやアメリカの顧客と比べてかたくなに銀行を変えないことで知られているため、スイスの銀行はインターネットバンクの参入があろうとも利率を引き上げることはないと推測する。
「スイスでは、新しい顧客をつかむことは非常に難しく、既存の顧客にも高利率を提供せざるを得なくなってしまいます。その結果、利益全体が低下するため、スイスの銀行の平均から大きく逸脱する意味がないのです」
とヤンセン氏は説明した。

信用格付け

預金者は、すでに確立しているスイスの銀行と比べてカウプシング・エッジ銀行の信用格付けが低いこと、つまりそれだけつぶれる可能性が高いということを考慮しなくてはならない。

しかしヤンセン氏は、スイスの規制では、顧客が最初に預けた預金のうち3万フラン ( 約309万円 ) まで保障されることを指摘する。そしてガドマンドソン氏もカウプシング・エッジ銀行の業績を擁護する。
「当行はアイスランドの銀行ではなく、北ヨーロッパの銀行だということを理解すべきです。利益の約70%がアイスランド国外から上げられ、それによって業務が多様化してきました」

swissinfo、マシュー・アレン 笠原浩美 ( かさはら ひろみ ) 訳

カウプシング・エッジ ( Kaupthing Edge ) 銀行

2003年に2つの銀行の合併によりアイスランド最大の銀行となった。アイスランド国外ではカウプシング銀行として知られている。

今年3月末付で、従業員数3324人、総資産額533億ユーロ ( 約8兆8310億円 ) 。

同行は2002年にジュネ―ブで営業を開始し、プライベートバンキングと資産運用サービスを提供している。しかし、スイスでリテール・バンキングサービスの営業許可を得たのは最近。

同行のインターネット・バンキング・サービスは、カウプシング・ルクセンブルグ銀行のスイス支店から提供されている。
同行の利率は、6カ月間の定期預金では3.25%、12カ月間では3.5%。新規開設のオンライン口座の利率は、2008年9月までは4%だが、それ以降2009年1月までの期間は3%に低下する。その後、2011年末までの期間はスイス国立銀行のオーバーナイト・レートに則した利率になる。

同行は、過去7カ月の間、同様のサービスをヨーロッパ10カ国で展開し、15万人の顧客を獲得した。

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。