ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

エイズ新治療薬・需要に製造追い付かず、ロシュが警告

ロシュ(本社バーゼル)は、来年から発売予定の新しいエイズ治療薬T20が需要過多で製造が追い付かず、現状では全ての患者に行き渡らないと警告している。

T20は、エイズウィルスが細胞内に入るのを防ぐ画期的な治療薬だ。

ロシュとTrimeris Inc. (米)が共同開発したT20は、「Fuzeon」の名称で2003年第1四半期から市場に供給される予定だ。現行の治療薬に抵抗力ができてしまった何万人もの患者達にとって、最終兵器となると期待されている。が、ロシュは、生産力の限界から、このままでは来年の3月までに3000人分を供給するのが限界だという。「短期的には、我々には現在の生産力を上回り需要にあわせる力はない。」という。

現在認可されている全16種のエイズ治療薬は、エイズウィルスが細胞に入った後で、ウィルスを攻撃する。が、T20は、エイズウィルスが細胞と結合するのを抑制する新しいタイプのエイズ治療薬だ。他のエイズ治療薬が錠剤のものが多いのに反し注射で摂取する。現在、米食品薬品局が審査中で、欧州でも早急な認可が見込まれる。ロシュが先月発表したデータによると、臨床ではT20は治療が行き詰まった患者の血液中のウィルスを減少させた。また、注射に対する拒否反応で投薬を断念せざるを得なかった患者はわずか3%だった。

ロシュは、2003年末までには2万5000人分のT20を供給したいととしている。また、今年9月下旬か10月初旬頃に、世界各地のエイズ患者1200人を対象に、無料でT20の早期アクセス計画を実施する計画だ。ロシュとTrimerisはFuzeon(T20)の価格については発表していないが、アナリスト等は現在使われている治療薬とほぼ同じの患者1人につき年間1万ドルから1万2000ドルと推定している。年間売上高は、3億ドルから6億ドルと推定される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。