ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

エルサルバドルで大地震、スイス緊急援助へ

13日エルサルバドルを中心に中南米の広い地域で強い地震あり、震源地首都サンサルバドル郊外で少なくとも300人が死亡した。スイス開発援助局、赤十字などは14日緊急援助を送った。(写真:生存者を探すレスキュー隊。サンサルバドル郊外で)

13日エルサルバドルを中心に中南米の広い地域で強い地震あり、震源地首都サンサルバドル郊外で少なくとも300人が死亡した。スイス開発援助局、赤十字などは14日緊急援助を送った。(写真:生存者を探すレスキュー隊。サンサルバドル郊外で)

スイス赤十字のカール・シュラー氏は、サンサルバドル郊外で地滑りが発生、大きな被害が出ていると語った。また、大平洋沿岸地域、山間部の被害も大きいが、道路が崩壊し到達不可能な地域もあるという。

スイス赤十字など人道援助グループは、被災地域に緊急援助物資と資金を送った。スイス開発援助局は食糧、飲料水、医薬品調達のために100、000ドル(160、000スイスフラン)を送った。ヨアヒム・アーレンス報道官は、同局は中米地域に強力なネットワークがあり、迅速な対応が可能だった。現在、エルサルバドル、ニカラグア、ホンジュラス事務局の職員らが現地状況を調査中だと語った。また、スイス赤十字とカリタスは、被害者救済のため100、000スイスフランを送ると発表した。スイスの他、米国、スペイン、台湾も緊急援助を申し出た。

一方、アーレンス報道官は、現在のところ、神戸など世界の地震被災地で救助活動に活躍してきた救助犬を有するスイス災害救助隊を現地に派遣する計画はないと語った。

赤十字のシュラー氏によると、マグニチュード7.6の地震はホンジュラス、ニカラグァ、コスタリカ、メキシコでも観測されたが、被害はエルサルバドルほどではない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×