Navigation

クシュパン経済相、e-コマースにおける政府の援助を約束

パスカル・クシュパン経済相(写真)は、スイス・米ジョイント経済委員会主宰のe-コマース会議で、ニューテクノロジー分野でのベンチャービジネスへの政府の支援を公約する内容の演説をした。

このコンテンツは 2000/06/07 16:02

パスカル・クシュパン経済相(写真)は、スイス・米ジョイント経済委員会主宰のe-コマース会議で、ニューテクノロジー分野でのベンチャービジネスへの政府の支援を公約する内容の演説をした。

チューリッヒe-コマース会議で演説したクシュパン経済相は、先月から施行された、ベンチャ−資本の調達を容易にするためのベンチャー企業新法を例に取り、スイス政府は、ニューテクノロジー分野でのビジネス活動の奨励に力を入れていることを強調した。

「e-コマースの成功は、2つの要素にかかっている。ニューテクノロジーが提供する可能性を利用する企業の能力と、可能なかぎり最良のフレームワークコンディションを作り上げる政府の能力。この、2要素だ。」と述べ、テレコミュニケーションなど政府の対策を必要とする分野が、まだたくさんあると語った。特に、テレコミュニケーション市場の競争力を強化する必要性を訴え、通話料の値下げ、価格協定の廃止を求めた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。