Navigation

クラン=モンタナ・フォーラム:サミット(頂上)でサミット

ヴァリス州のローヌ渓谷上に位置する高原リゾート、クラン=モンタナで、クラン=モンタナ・フォーラム2000が開催され、世界のVIPが幅広い議題を討議する。

このコンテンツは 2000/06/29 15:43

ヴァリス州のローヌ渓谷上に位置する高原リゾート、クラン=モンタナで、クラン=モンタナ・フォーラム2000が開催され、世界のVIPが幅広い議題を討議する。

フォーラムは、世界貿易機関(WTO)のマイク・ムーア理事長、オバサンジョ・ナイジェリア大統領らが出席、またブット元パキスタン首相、ラフード・レバノン大統領、ギー・アイボリーコースト大統領らが、サテライト中継で参加、汚職と地下経済に対する戦い、バルカンの再興、欧州民主主義の未来、バイオテクノロジーと農業における遺伝子操作など、50の議題に関して討論する。

スイスからは、アドルフ・オギ大統領、パスカル・クシュパン経済相、ジョセフ・ダイス外相が出席する。

第1回クラン=モンタナ・フォーラムが開催されたのは、ベルリンの壁が倒された1989年だった。当時の主な議題は、冷戦後の欧州の未来だったが、10年以上が過ぎ、フォーラムの議題は、より国際的になった。



このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。