ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サザビー、スイスでオンライン・オークション開始

英国サザビーが、スイスでオンライン・オークションSothebys.comのサービスを開始した。(写真:オークション会場。この雰囲気もオークションの魅力の1つでは?)

英国サザビーが、スイスでオンライン・オークションSothebys.comのサービスを開始した。(写真:オークション会場。この雰囲気もオークションの魅力の1つでは?)

スイスでのオンライン・オークション開始にあたり、Sothebys.comのクレイグ・モフェット会長は「オンライン・オークションの開設で、スイスのアートおよびアンティーク蒐集家達がサザビーにアクセスできるようになった。」と新たな顧客獲得への意欲を表明した。

オンライン・オークションは、米国、英国、カナダ、ドイツで今年1月から開始され、このほどスイス他7ヶ国に拡張された。Sothebys.comは、法と安全の問題が解決された時点で新市場に参入する。オンライン・オークションでは会場でのオークションよりも幅広いセレクションを提供できるるため、新しい顧客を惹き付ける自信があるとサザビーはいう。

インターネット・オークション・ロンドンのマイケル・ビン氏は、開設から10ヵ月たちSothebys.comはインターネット販売のコツをつかんだと語る。「一般的に売れ筋は1、000ドルから5、000ドルの価格の物だ。従って、今後はこの価格帯の物を中心にオンライン・オークションに提供していく。」

スイスはアート・オークションにとっては重要な市場で、サザビーにとっても戦略的な市場だ。オンライン・オークションの成功は次の2点にかかっているという。1つはネットバンキングでの送金の安全性に対する確信、もう1つは出品物を実際に見ることも触ることもできないことだ。安全性に関してビン氏は、サザビーのスイス市場への参入は安全保障上の問題により保留にされていたという。が、実物を見られないという問題に関しては、現状では顧客側はさほど重大視していないようだという。「我々もこの問題に関する懸念があった。が、いかに大勢の人が、特に米国人バイヤーが、実物を見ないでも購入をためらわないかという事実に、我々も驚いている。が、昔からサザビーのカタログだけで購入している人々がいるのだから、驚くに足らないことではある。」とビン氏は述べた。

http://www.sothebys.com

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×