ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サッカーワールドカップ・ブラジル大会 W杯のゴールラインテクノロジー、スイス製カメラを駆使

2014年サッカーワールドカップ・ブラジル大会では、ゴールの成否を判定する「ゴールラインテクノロジー」が導入されている。このシステムの中核を担うのは、スイス製の特別なカメラだ。(SRF Tagesschau, swissinfo.ch)

サッカーではこれまで、ボールがゴールラインを超えたか否かを巡り、議論になることが多々あった。しかし、「ゴールラインテクノロジー(GLT)」がW杯ブラジル大会で初めて導入されたことにより、こうした議論も過去のものとなりそうだ。

GLTの中核を担うのは、スイス企業「フォトンフォーカス」の特製センサーを搭載したカメラ。同社は中央スイスのシュヴィーツ州ラッヒェンに本社を構える小企業だ。

GLTでは、スタジアムに設置された7台のカメラが、それぞれ違う角度からゴールラインを監視する。各カメラは高性能コンピューターに接続されており、ボールの位置がミリ単位で計測される。ボールがゴールに入ると、フィールドにいる審判の腕時計に1秒以内にシグナルが送られる。数学的に正確な試合結果が得られるというわけだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。