ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サッカー 「EURO 2008」 ファン熱上昇の前人気

マスコットのトリックスとフリックスがチケット販売を促進するまでもなく、前評判は上々

(Keystone)

2008年にスイスとオーストリアの共同開催で行われる欧州サッカー選手権「EURO 2008」のチケット予約は1000万件以上に達し、販売予定枚数を大幅に上回った。

チケットは4月中旬、抽選で販売されることになる。予約した人は4月末に抽選の結果を知らされる。6月に予定していた第2回目の予約は中止になった。

 世界142カ国から60万人のサッカーファンから、チケット1000万枚の予約があったと4月2日、欧州サッカー連盟 ( UEFA ) が発表した。31試合が行われる決戦ラウンドのチケットを実際購入できる確率は10の1以下だが、いずれの試合にも多くの予約が入った。

4月末に結果判明

 3月1日からインターネット上で予約が始まり、3月31日に終了した。4月中旬には、試合とチケットの値段ごとにすべて、公証人の立会いの下に抽選が行われ、4月末には購入希望者に結果が伝えられる。6月に予定されていた、第2次予約は中止になった。

 抽選に漏れたファンの最後の望みは、各試合のチームのファン用に用意された5分の1のチケットだ。12月に試合の組み合わせの抽選が行われた後、ファンに配分される。

 個々の試合のチケットの予約は850万件あり、チーム別で購入できるチケットは比較的に人気がなかった。特に予約が集中したのは、ウィーンで行われる決勝戦とバーゼルとウィーンで行われる準決勝戦だ。座席は値段の高い方が人気があり、1番高い席と中クラスの予約が全体の4分の1を占めた。ドイツ、スイス、イギリス、オランダのファンが値段の高い席を予約している。

swissinfo、外電、佐藤夕美 ( さとう ゆうみ )

キーワード

EURO 2008
開催期間 2008年6月7〜29日
開催場所 スイスとオーストリア 決勝戦はウィーン
購入可能の観戦チケット数 105万枚
スイスには100万〜320万人のファンが訪れると予想されている

インフォボックス終わり


リンク

×