Navigation

ジュネーブで反WTOデモ

10日ジュネーブで行われた反WTOデモ。 Keystone

世界貿易機関(WTO)本部のあるジュネーブで10日、カタール・ドーハで開催されているWTO閣僚会議に反対するデモが行われ、約5000人がジュネーブ市街をWTO前まで行進した。

このコンテンツは 2001/11/12 05:50

スイス農業連合Uniterreのフェルナンド・クッヘ事務局長は、デモの目的を「農家および都市住民双方に権利を多国籍企業にむさぼり食われないよう団結を呼び掛けること」だとし、「国際会議での話し合い自体に反対するものではない。」ことを強調した。そして、「世界の閣僚等は、自分達に投票した選挙民を恐れ、ドーハに逃げた。」と批判した。

ジュネーブ当局はデモ隊が暴徒化することをおそれジュネーブの金融街やWTO本部への道を封鎖し、世界各地で反グローバル化デモの攻撃の標的となるマクドナルドは警備員を増員したが、デモは暴動に発展することなく静かに終った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。