Navigation

ジュネーブでWTO中国加盟問題作業委員会の非公式会議

世界貿易機関(WTO)の非公式会議が今週ジュネーブで開かれ、中国の加盟問題が討議される。中国加盟の多くのハードルの一つに、スイス・中国間の市場アクセス合意協定がある。

このコンテンツは 2000/07/18 16:04

世界貿易機関(WTO)の非公式会議が今週ジュネーブで開かれ、中国の加盟問題が討議される。中国加盟の多くのハードルの一つに、スイス・中国間の市場アクセス合意協定がある。

中国の加盟問題を討議するWTO作業委員会の非公式会議は、19日から3日間ジュネーブで開かれる。会議では、加盟承認に向けての中国政府の原案を集中的に話し合う。対話は夏休みの休会後、年内の中国加盟を目指して再開される。

中国は、37の主要貿易相手国のうちEU、米国を含む34ヶ国と、市場アクセス協定の合意に達したが、スイス、メキシコ、エクアドルとは合意に到っていない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。