Navigation

スイスの景気、はっきりと減速へ

スイス経済は個人消費に支えられ、わずかに成長

国内総生産 ( GDP ) は2007年第4四半期に0.9%の成長を見せていたが、2008年の第1四半期には0.3%にとどまった。また、年間成長率も昨年末の3.6%から3%に落ち込んだ。

このコンテンツは 2008/06/03 10:07

連邦経済省経済管轄局 ( seco ) が6月2日に発表したところによると、輸出も0.7%と昨年第4四半期と比べてわずかな伸びとなった。製品の輸出量はわずかながらも増加しているが、サービスの輸出が停滞している。輸入に関しては、製品、サービスともに減少した。

景気は減速、物価は上昇

一方、個人消費は2007年第4四半期と比較すると4%の増加。そのほか、設備投資も比較的高い成長率を示した。低いながらも国内総生産が成長したのは、これらの要素が牽引力となったためだ。

スイスの物価は石油価格とともに大きく上昇している。5月の年間インフレ率は予想を大きく上回って2.9%に達し、スイス国立銀行 ( スイス中銀 ) が目安としている2%の許容ラインを大幅に超えた。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。