Navigation

スイスの賃金低下

安定した経済成長と失業率の低下にも関わらず、昨年のスイスの実質賃金は0.5%以上下がった。名目賃金は0.2%上昇したが、インフレを計算に入れた場合の実質所得は下がった。

このコンテンツは 2000/05/19 17:10

安定した経済成長と失業率の低下にも関わらず、昨年のスイスの実質賃金は0.5%以上下がった。名目賃金は0.2%上昇したが、インフレを計算に入れた場合の実質所得は下がった。

連邦統計局の発表した最新報告では、1999年の実質賃金は0.6%低下した。名目賃金は0. 2%の上昇で、インフレ率がほとんどゼロだった1997年の0.5%上昇、1998年の0.8%上昇にくらべ停滞気味だった。1990年代で実質所得が低下した年は4年あり、スイスが景気後退期だった90年代前半に集中している。経済の高度成長と失業率の低下にも関わらず賃金が低下した背景には、他の先進工業国と同様、賃金レベルと雇用の関連の原則が適用されなくなってきてからだと思われる。

部門別では、サービス部門の1998年から1999年の名目賃金は平均0.4%上昇し、工業、農業部門では0.1%の上昇率だった。また、金融とIT部門の名目賃金が1.5から2%上昇したのに対し、公企業部門と建設業部門では0.7%下がった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。