ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの高齢化社会 スイス最高齢の男性、115歳で死去

ジャファル・ベーヴァハニアン

ジャファル・ベーヴァハニアンさん。109歳の誕生日を迎えた時の写真

(Pino Covino)

バーゼルに住むスイス最高齢の男性ジャファル・ベーヴァハニアンさんが30日、死去した。115歳だった。地元紙バーゼルランドシャフトリッヒェ・ツァイトゥングが4日、報じた。

 ベーヴァハニアンさんは1902年、ペルシャ(現イラン)で生まれた。ベイルートで学んだ後、パーレビ国王の私的な会計主任として働き、1967~78年は宮内庁副大臣を務めた。

 1978年に始まったイラン革命を機にスイスに亡命。バーゼルに居を構えた。

>>スイスの高齢者が求めていることとは?  

 ベーヴァハニアンさんが110歳の誕生日を迎えたとき、妻がスイス通信の取材に応じ、ベーヴァハニアンさんがスイスに温かく迎えられたと感じていると語った。

 ベーヴァハニアンさんはとても健康的な生活を送っていたという。酒もたばこもやらない代わり、とても仕事人間だった。

 夫婦はバーゼルの住宅街の一角にある民家に住む。晩年も二人であちこち旅行をした。だが旅を終えると、必ずバーゼルに戻ってきたという。ベーヴァハニアンさんの妻は夫より36歳年下だ。

 妻は夫の人柄について、いつもポジティブで何かに対して一度も不満を言ったことはないと語った。

SDA-ATS/ln

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。