ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政治

スイスの連邦制度って?国籍はどうやったら取得できる?スイスの政治システムについてもっとよく知ろう。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイス国籍取得

スイスの国籍法はここ20年間で大きく変わった。スイス人女性が外国人と結婚してもスイス国籍を失わずに済むようになったのもその一つ。ここではスイスの国籍取得について紹介する。 スイス国民になるには、基本的に出生、婚姻(ただし婚姻と同時にスイス国籍を付与されるわけではない)、帰化の3通りがある。 ...

外国人の投票権

連邦レベルの投票権を持つのは18歳以上のスイス国民だけ。だが一部の自治体では、地方レベルの投票に関し、外国人に投票権を認めているところもある。 ...

兵役

多くの国と同様、スイスはほとんどの成人男性に兵役を課している。女性の兵役は志願制で、外国人は免除される。 在外スイス人も基本的に外国にいる限り、平和時の徴兵や兵役義務を免除される。スイスに近い国境地帯に住む在外スイス人には兵役免除に制限がある。 ...

武装中立

スイスは中立国だが、非武装を意味するのではない。国民皆兵のスイスでは、軍隊が自衛と国内安全保障のために存在する。

スイスの政治システム

スイスは必ずしも現代的な意味での「国民国家」だったわけではなく、高い独立性を持った州による緩やかな連合だった。これらの州が1848年、連邦憲法の下に一つにまとまった。 ...

州と基礎自治体

1848年から連邦制度を敷くスイスでは、連邦(中央政府)、26の州および準州(州政府)、2240の基礎自治体(2017年3月23日現在)の間で権力が分立している。