政治

スイス国籍を取得するにはどのくらいかかるの?スイスの兵役は何年間?連邦政府、武装中立、外国人の投票権など、スイスの政治システムについてもっとよく知ろう。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイス国籍取得

スイスの国籍法はここ20年間で大きく変わりました。スイス人女性が外国人と結婚してもスイス国籍を失わずに済むようになったのもその一つです。ここではスイスの国籍取得についてご説明します。  スイス国民になるには、基本的に「出生」「婚姻(ただし、婚姻と同時にスイス国籍を付与されるわけではない)」「帰化」

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

兵役

多くの国と同様、スイスはほとんどの成人男性に兵役を課している。女性の兵役は志願制で、外国人は免除される。 在外スイス人も基本的に外国にいる限り、平和時の徴兵や兵役義務を免除される。スイスに近い国境地帯に住む在外スイス人には兵役免除に制限がある。 在外スイス人は一定の条件と手続きに従い、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

武装中立

スイスと中立は同義語だが、必ずしもスイスが軍備を持たないということではない。スイスの軍隊は自衛と国内治安のために訓練されている。 原則として、スイスは攻撃を受けない限り軍事同盟に加わることはできない。国際紛争で一方の味方についたり、外国の軍隊にスイス国内を通過させたりすることはできない。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

外交政策

冷戦の終結によりスイスは活発な外交政策を取れるようになり、紛争の仲裁役として活躍している。 2009年にはスイスの仲介でトルコとアルメニアの和解が成立。また、中東、スリランカ、コロンビアにおける仲介活動にも取り組んでいる。さらに、スイスは「国際対話の場」でもあり、最近ではアメリカ、イラン、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

海外援助

特に地震などの自然災害が発生すると、人道援助に多額の支援金が費やされる。 数多くの専門家が所属するスイス人道援助団(SKH/CSA)(英/独/仏/伊/西語)が活動する場でもある。 このような緊急事態における短期の救済は、長期のインフラプロジェクトよりも重要視されている。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスの政治システム

スイスは必ずしも現代的な意味での「国民国家」だったわけではなく、高い独立性を持った州による緩やかな連合だった。これらの州が1848年、連邦憲法の下に一つにまとまった。 憲法が制定され、連邦国家が成立したことにより州間の権力のバランスを取る中央政権ができた。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

政党

スイスの政治では何よりもその安定性が際立つ。4大政党が優位を占め、長年、連邦内閣を構成してきた。 中道右派の急進民主党(FDP/PDR)は古くから経済界との結びつきが強いことで知られている。急進民主党の先任者は1848年にスイス連邦国家を建国した人々で、その後リベラル派と連合した。今日、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

州と地方自治体

スイスは高い独立性を持つ州から成る連邦国家。州はさらに小さい単位の地方自治体(市町村)に分けられる。 現在、スイスには26の州および準州(日本語)があり、各州には連邦議会の承認を得た独自の州憲法がある。州と準州には同等の自治権が認められているが、準州は全州議会で1議席のみ所有。また、