ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス初の試み スイスでベーシック・インカムの社会実験に想定上回る応募者

ライナウ村の街並み

チューリヒ近郊のライナウは、ベーシックインカムのドキュメンタリー映画を撮影するにはうってつけの美しい村だ

(© KEYSTONE / CHRISTIAN BEUTLER)

チューリッヒ近郊のライナウで、住民に無条件で一定額の現金を支給する「ベーシック・インカム」を試験的に導入する計画が実現に一歩近づいた。社会実験にたくさんの参加希望者が集まったためだ。

 アンドレアス・ジェニ村長は17日、スイス通信Keystone-SDAに約800人が応募したと明かした。不備がある申請を除いた後、正確な申請受理数を公表する。

 社会実験には最低650人の参加を必要としていた。応募者が集まり、残る問題は300万~500万フランとされる資金を民間からどう募るか、だ。

≫ライナウのベーシック・インカム実験の詳細

 参加者は、職業や収入・資産に関わらず月2500フランを1年間にわたり支給される。ただし2500フラン以上の収入がある人は、支給されたベーシック・インカムを返納しなければならない。

 映画監督のレベッカ・パニアン氏は、このプロジェクトがスイス北部・ライン川沿いのこの村にどのような影響を与えるか、ドキュメンタリー映画を撮影する予定だ。

無条件で一人2500フランを支給 ベーシックインカム導入案に揺れる村 住民の反応は?

チューリヒ校外のライナウ村が、無条件で住民に一定額の現金を支給する「ベーシックインカム」を試験的に導入する計画を進めている。スイス人映画監督が発案し、資金はクラウドファンディングでまかなう。資金が集まり、住民の半数以上が参加の意思を表明すれば、来年1月に始まる。しかしスイス公共放送(SRF)は...

SDA-Keystone/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。