ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス検察、着々と前露大統領府総務部長資金洗浄の証拠固め

パヴェル・ボロディン前露大統領府総務部長のマネーロンダリングを調査中のベルトッサジュネーブ州首席検事は、ボロディン前総務部長が2、500万スイスフラン預金されていたスイスの銀行口座にアクセスしたこと、またその2、500万スイスフランが消えてしまっているという証拠を掴んだことを新聞の取材に対し語った。

13日付けの「ノイエ チューリッヒャー・ツァイトゥン」紙上で、ベルナルド・ベルトッサ検事は、2、500万スイスフランはどこへ行ったのか明白にするまでボロディン前露大統領府総務部長を追求すると語った。この2、500万スイスフランは、ボロディン氏がスイスの建設会社マベテックスとメルカタの2社からクレムリン改築工事を請け負いを保証しキックバックを取ったものだと思われ、ベルトッサ検事は2、500万スイスフランが合法的にロシアの口座に入金されたという証拠が上がるのを待っているという。

ボロディン前露大統領府総務部長は1月17日ブッシュ大統領の就任式に出席するためニューヨークに到着したところ身柄を拘束され、スイスへの身柄引き渡しまで拘留されている。ロシア政府はスイスにボロディン氏の身柄引き渡し要求を取り下げ自発的なスイス行きという形を取りはからうよう外交圧力をかけているが、ベルトッサ検事は妥協する用意はないと明言し「ロシア側はボロディン氏をスイスに送る準備があるというが、保証はない。いずれにせよ、このようなケースに保証などない。」と語った。また、ロシア検察当局が12月証拠不十分としてボロディン氏の調査を取り下げたことに対し、ベルトッサ検事は「ロシアは、昨日はこれは犯罪行為だと言ったかと思えば、今日は犯罪ではないという。」と述べ、ロシアに対し懐疑的であることを示した。

ロシアからは今月1日イワノフ外相がベルンを訪問、ジョセフ・ダイス・スイス外相にボロディン・ケースの早急な解決を要請、スイス連邦政府の政治的介入を望む態度を示す外交的圧力をかけてきた。が、ダイス外相は、この件は司法上の問題で政治問題ではないとし、スイス連邦政府はスイス法によって司法への政治介入は一切認められないとはねつけた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×