Navigation

スイス特捜レスキュー隊、迷子に

スイス軍特捜レスキュー訓練校(ジュネーブ)の教官・兵15人が、9日演習中道に迷い、行方不明になった。レスキュー隊が出動、夜を徹した捜索でも見つからなかったが、10日朝全員無事で帰還報告に現れた。

このコンテンツは 2000/10/11 11:11

スイス軍特捜レスキュー訓練校(ジュネーブ)の教官・兵15人が、9日演習中道に迷い、行方不明になった。レスキュー隊が出動、夜を徹した捜索でも見つからなかったが、10日朝全員無事で帰還報告に現れた。

教官3人、新兵12人の乗った特捜レスキュー訓練校のトラックは、9日予定されたフリブール州ビュルの会合地点に現れなかった。訓練校の司令が警報を発し、夜間捜索が開始された。兵士、軍警察、市民が総出で、トラックが最後に目撃されたローザンヌ近郊を捜索した。

明けて10日朝、ヘリコプター2機が捜索に加わった。が、その後間もなく15人はジュネーブの訓練校に戻り、任務完了報告をした。15人は、道に迷い野宿したと言っている。

現在、軍が調査中だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。