Navigation

スイス経済、回復期に

2002年のスイス経済は、個人消費と企業投資の伸びに支えられ第2四半期からは回復に向かうとの予測だ。

このコンテンツは 2002/02/11 10:13

独立経済研究所バーゼル・エコノミックLtd.(BAK)の2002年の予測によると、スイス経済は年間を通して回復期に入り、国内総生産(GDP)成長率は1.3%と予測した。スイス経済の長期的展望はよく、2003年には世界経済全般の回復を受け、スイスのGDP成長率は2.5%になるだろうと見る。個人消費に加え、企業投資と輸出も順調に伸び、今年第2四半期(4月から6月)には医薬品と金融の躍進が期待できるという。

一方、連邦工科大学チューリッヒ(ETH)経済研究チームによると、スイス経済は今年第1四半期(1月から3月)に底を打つ。そして、第2四半期からは上昇に転じるという。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。