ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス経済、成長率は下降気味だが依然好調

スイスの経済は、成長率は今年前半と比べかなりゆるやかなものになっているが見通しに不安はない事が、連邦工科大学(ETH)のビジネスサイクル研究所(KOF )の調査で明らかになった。

スイスの経済は、成長率は今年前半と比べかなりゆるやかなものになっているが見通しに不安はない事が、連邦工科大学(ETH)のビジネスサイクル研究所(KOF )の調査で明らかになった。

連邦工科大学(ETH)のビジネスサイクル研究所(KOF )の調査によると、スイス経済の成長率は今年前半に比べると低くなっているが、経済の先行きに不安要因はない。

国内企業5、000社の3ヵ月ごとの調査の報告によると、輸出は減少しているが引き続き好調な世界経済の恩恵を受けている。また国内ベースの企業の業績は輸出企業よりもよく、向こう6ヵ月間の受注は減少する見込みで中期的には冷え込みが予測されるが、7月から9月までの3ヵ月間の受注は依然安定している。また、生産量は生産能力の84%に到達した。1990年代を通して最低の成長率を記録している建設業も、復活の兆しだ。7月から9月までの建設業界の受注は、1994年以来最高だった。また、雇用も順調な伸びを続けており、5、000社のうち37%は新規採用をした。また、15%は人員不足を訴えている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×