Navigation

スイス航空ベオグラード便を再開

スイス航空は昨年のコソボ紛争以来停止していたベオグラードへの定期便を再開することに決定した。西欧のユーゴスラビアへの定期便再開は、1998年以来初めてだ。

このコンテンツは 2000/03/23 14:54

スイス航空は昨年のコソボ紛争以来停止していたベオグラードへの定期便を再開することに決定した。西欧のユーゴスラビアへの定期便再開は、1998年以来初めてだ。

スイス航空はベオグラード定期便を先月から再開する予定だったが、EUの措置を尊重し延期した。先月、ユーゴスラビア航空(JAT)がチューリッヒへのフライトを再開した。EUは1998年コソボでセルビア人部隊がアルバニア系住民を攻撃した事の制裁措置として、JATの西欧へのフライトを禁止していた。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?