ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス航空運航不能から1年

チューリッヒ空港で離陸不可能となったスイス航空機群、昨年10月2日。

(Keystone Archive)

1年前の10月2日、燃料費を払う現金もなくなったスイス航空は、世界の空港で全便が離陸不可能となった。70年の歴史を誇ったナショナル・キャリアーの崩壊は、スイスの誇りを深く傷つけスイス企業の信頼をも損なった。

スイス国民にとって、赤地に白十字のスイス航空機の尾翼は、国旗と国歌に続く国家の象徴だった。そのスイス航空は2001年10月2日と3日、燃料費を払う現金もなくなり、チューリッヒ空港で世界の空港で離陸不可能となり旅客数千人を立ち往生させた。モーリッツ・ロイエンベルガー大統領(当時)は、事態を「国家の危機」と表現し、銀行救済プランの資金振り込みが遅れスイスエア・グループを見捨てた形となったメインバンクのUBSとクレディ・スイスを激しく非難した。一方、スイスの大衆紙は連邦政府が救済に失敗したと、政府に怒りの鉾先を向けた。

が、事後調査の結果、スイス航空の破たんは、スイスエア・グループの展望のない拡大政策の失敗によるものであった事が明らかになった。90年代、欧州の航空業界における主導的地位を狙ったSエア・グループ(当時)は、地域航空会社の買収を重ね、ストライキで有名なベルギー・サベナ航空の株49%も買収したが利益を上げた事は一度もなかった。同グループのハイリスクな拡大戦略は、停滞期に入った世界経済と航空業会の熾烈な過当競争と相まって、2000年末までに収益の激減という結果を出し始めた。Sエア・グループの2001年は、役員会の人事をめぐる大騒動で幕を明けた。4月2日、2000年度の損失29億スイスフランが発表されるに先立ち、3月に役員会10人中9人が辞任した。Sエア・グループは社名をスイスエア・グループに変更、スイス銀行から10億スイスフランを借り入れたが、それは破たんの先送りに過ぎなかった。

2001年8月30日、同グループは上半期2億3400万スイスフランの赤字を発表、同時に大規模な人員整理が発表された。この時期、スイスエアは生き残りを賭け、最後の調整を試みていた。が、9月11日の米同時多発テロによる航空機離れがとどめの一撃となった。旅客のキャンセルが相次ぎ、テロ10日後までの損失額は6500万スイスフランにのぼった。スイス航空の破たんにより、世界で3000人(うち国内1750人)の従業員が失職した。

政府の公的資金注入により、スイス航空の最期は、系列の地域航空会社クロス航空(現スイス)がスイス航空の3分の2の路線(59ヶ国126路線と航空機130)を引き継ぎ新生ナショナル・キャリアーとして3月31日発進するまで引き延ばされた。4月1日午前7時15分、ブエノスアイレス発SR145便がチューリッヒ・クローテン空港に到着し、1931年に創設されたスイス航空の歴史は幕を閉じた。

スイス航空運航不能から1年、スイス企業全般の地に墜ちた評判は今だ完全に回復されてはいない。ABB、チューリッヒ・ファイナンシャル、クレディ・スイスなどブルーチップ企業も、社のリーダーシップに対する株主らの不満にさらされている。

スイス航空運航不能キー

昨年10月2日、世界の空港でスイス航空機が運航不能に。
同10月3日、政府4億5000万スイスフランの公的資金注入。
新ナショナル・キャリアー、スイス(旧クロス航空)は今年3月31日発進。
スイス航空は今年4月1日最後のフライトを終える。

インフォボックス終わり


リンク

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×