ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス領土で史上初の欧州軍合同演習

11月5日、史上初めてスイス国土でのNATO平和のためのパートナーシップ(PFP)合同演習が始まった。ルツェルンでの演習開始にあたりアドルフ・オギ大統領は、スイスはこのような合同演習を開催できたことを誇りに思うと演説した。(写真:オギ大統領とマンツァナスNATO総司

11月5日、史上初めてスイス国土でのNATO平和のためのパートナーシップ(PFP)合同演習が始まった。ルツェルンでの演習開始にあたりアドルフ・オギ大統領は、スイスはこのような合同演習を開催できたことを誇りに思うと演説した。(写真:オギ大統領とマンツァナスNATO総司令官)

ルツェルンで行われる合同演習「平和維持ミッション」には、19ヶ国400人が参加、国連安保理委任下での停戦の実施と人道援助の提供の演習を行う。参加者はまた、コンピューター・ベースのバーチャルトレーニングで、架空の国での民族紛争、資源をめぐる抗争など様々なタイプの紛争処理の訓練を受ける。�沛T間の演習の狙いは、各国の軍の適合性と協調性のテストにある。

PFPは、東欧諸国での共産政権崩壊後の1994年、欧州のNATO非加盟国に協同プログラムへの参加を促す目的で立案された。スイスは1996年にPFP参加を決定、伝統の厳格な中立政策から小さく1歩踏み出した。

オギ大統領は、5日の演習開始の演説で、スイスのPFP参加はNATO加盟への第1歩ではなく、スイスでの合同演習実施はスイスの中立政策を脅かすものではないと繰返し強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×