Navigation

スイス、もっと二酸化炭素 ( CO2 ) 削減努力を

国際エネルギー機関 ( IEA ) は11月26日、「スイスが二酸化炭素 ( CO2 ) の排出量をさらに削減したいなら、ガソリンと灯油に対する税金をもっと値上げするべきである」と勧告した。

このコンテンツは 2007/11/27 10:26

また現行のガソリン税も不十分であると指摘した

IEAは、「スイスは他の先進工業国と同様、車の排気ガスが温室効果ガス削減対策での最大のチャレンジ項目になる」とした上で、ガソリン税の値上げ、エコカーに対するボーナス制度や、駐車場料金の値上げなどを提案。さらに、電気の自国内での生産を確保するため、ガス発電所ないしは原発の建設が必要なのではと提案した。一方、スイスの再生エネルギー開発の努力や、エコロジーな建物の建設などを高く評価した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。