Navigation

スイス、もっと二酸化炭素 ( CO2 ) 削減努力を

国際エネルギー機関 ( IEA ) は11月26日、「スイスが二酸化炭素 ( CO2 ) の排出量をさらに削減したいなら、ガソリンと灯油に対する税金をもっと値上げするべきである」と勧告した。

このコンテンツは 2007/11/27 10:26

また現行のガソリン税も不十分であると指摘した

IEAは、「スイスは他の先進工業国と同様、車の排気ガスが温室効果ガス削減対策での最大のチャレンジ項目になる」とした上で、ガソリン税の値上げ、エコカーに対するボーナス制度や、駐車場料金の値上げなどを提案。さらに、電気の自国内での生産を確保するため、ガス発電所ないしは原発の建設が必要なのではと提案した。一方、スイスの再生エネルギー開発の努力や、エコロジーな建物の建設などを高く評価した。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?