Navigation

スイス、インド西部地震被災地に救援隊派遣

被災地で活動する スイスの救助犬 Keystone

26日マグニチュード7.9の大地震に襲われたインド西部のグジャラート州に、スイスからの救援隊が28日現地入りした。

このコンテンツは 2001/01/29 13:42

軍の救難専門チームを含むスイス災害救援隊48人と救助犬9匹は、スイス赤十字から送られた毛布5、300枚など18トンの救援物資とともに27日チューリッヒ空港を出発、28日から救助活動にあたっている。同州の中心都市アーメンダバードでは、救助犬が少年2人を救うなど活躍している。

インド政府によると、2万人以上が死亡したおそれがあり、12万人以上が所在が確認されていない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。