ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス、インド西部地震被災地に救援隊派遣

被災地で活動する スイスの救助犬

(Keystone)

26日マグニチュード7.9の大地震に襲われたインド西部のグジャラート州に、スイスからの救援隊が28日現地入りした。

軍の救難専門チームを含むスイス災害救援隊48人と救助犬9匹は、スイス赤十字から送られた毛布5、300枚など18トンの救援物資とともに27日チューリッヒ空港を出発、28日から救助活動にあたっている。同州の中心都市アーメンダバードでは、救助犬が少年2人を救うなど活躍している。

インド政府によると、2万人以上が死亡したおそれがあり、12万人以上が所在が確認されていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×