Navigation

スイス・チュニジア外相会談

チュニジアを訪問中のダイス外相は、ヤヒア・チュニジア外相と会談し、チュニジア国内の人権侵害について話し合った。

このコンテンツは 2000/05/03 07:35

チュニジアを訪問中のダイス外相は、ヤヒア・チュニジア外相と会談し、チュニジア国内の人権侵害について話し合った。

ダイス外相は会談で、チュニジア政府による報道の自由抑圧に抗議し4月3日からハンガーストライキを続けているジャーナリストのタオウフィク・ベン・ブリック氏の一件を取り上げ、早急な解決を要請した。ブリック氏は、チュニジア政府による人権侵害を告発する報道で知られ、昨年スイスのトリビューン・ドジュネーブ、クーリエ・ドジュネーブの2紙で発表したチュニジア政府を批判する内容の記事のため、文書誹毀罪で告訴されて以来、自宅で軟禁されている。当初ダイス外相は、ブリック氏の一件はチュニジアの内政問題であるとし、会談では持ち出さない方針だった。

また、ダイス外相はモハメド・ガヌーチ首相と会談し、チュニジアと欧州自由貿易連合(スイス、リヒテンシュタイン、ノルウェー、アイスランド)間の自由貿易合意協定など経済政策について話し合った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。