Navigation

スイス、ロシアにチェチェン現地調査団の受け入れ要請

チェチェン共和国でロシアが大量虐殺・拷問など非人道的行為を行っているという問題に関し、スイスはロシアに対し国際調査団の現地調査を受け入れるよう要請している。

このコンテンツは 2000/03/14 15:24

チェチェン共和国でロシアが大量虐殺・拷問など非人道的行為を行っているという問題に関し、スイスはロシアに対し国際調査団の現地調査を受け入れるよう要請している。

フランシス・ノルドマン駐モスクワ大使は、ジュネーブの国連人権委員会で、ロシア当局は疑惑を晴らし事実を司法のもとにもたらす責任があるとし、専門家による国際調査団の派遣をロシアに受け入れるよう求めた。

国連人権委員会のメアリー・ロビンソン氏、クリントン米大統領もロシア政府に対し、チェチェンで行われているいう虐殺や拷問の公平な調査を行うよう要請している。ロビンソン氏は、先週チェチェンの事実確認ミッションから帰ったばかりで、現地の人権に関する状況を非難している。

ロシア政府は、現地調査団の受け入れは問題ない、調査することは何もないと、要請に対し冷静な対応をしている。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?