Navigation

スイス、仏エルフ汚職関連の2億5、000万スイスフラン凍結

台湾が仏から購入したフィルゲート艦 Keystone Archive

スイス当局は、仏石油企業エルフと台湾の贈収賄疑惑に関連するものと見られる台湾人実業家名義複数の銀行口座、総額2億5、000万スイスフランを凍結した。チューリッヒ州検察当局によると、凍結された資産は台湾への仏製フリゲート艦売却契約に関連する贈収賄事件に関連するものとみられ、検察当局は資金洗浄の調査を開始した。

このコンテンツは 2001/06/18 11:12

独語日曜紙「ゾンターグスツァイトゥン」の報道によると、エルフ=アンキテーヌ社は、90年代仏軍需産業の台湾へのフリゲート艦売却を支援するため賄賂60億スイスフランを支払った疑いがあり、現在仏当局が捜査中だ。デイヴ・ゾリンガー・チューリッヒ州検事は、97年からエルフ汚職のスイスの関連を調査しているパウル・ペローディン・ジュネーブ州判事にチューリッヒの口座凍結に関する詳細を報告すると述べた。

仏検察当局によると、元国営企業だったエルフは数々の汚職事件のヤミ資金のトンネルの役割を果たした。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。