Navigation

スイス、火山噴火のコンゴに緊急援助

ゴマの40%が溶岩流で破壊された。 Keystone

スイス開発協力局(SDC)は、17日ニーラゴンゴ山(3469m)が噴火し多数の犠牲者と避難民を出したコンゴに緊急援助金20万スイスフランを送ることを決めた。

このコンテンツは 2002/01/21 09:16

17日に噴火したコンゴ東部のニーラゴンゴ山からの溶岩は南の町ゴマに到達し、ゴマ中心部、ゴマ空港など町の約40%を破壊した。SDCは、避難民の食糧と水を確保するための20万スイスフランを緊急援助として送り、21日には救援隊を現地に派遣すると発表した。また、カリタス、赤十字、スイス・プロテスタントチャリティーEPERも40万スイスフランの義援金を送る計画だ。

SDCの現地エージェントによると、ゴマから東隣のルワンダ西部に避難した住民1万人から1万5000人はゴマに帰り始めているが、数千人はルワンダ国境に設置された避難所で援助を待っている状況だ。が、ゴマ空港が溶岩で使用不能となっているため、海外からの援助物資を受け入れられない。ゴマから最も近い空港はルワンダのキガリ空港だが、緊急援助物資を運んで来た外国の航空機で過密状態となっている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。