ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

セックス スイスの若者、初体験は16歳 最新調査で

調査

調査の回答者のほとんどが交際相手がいると答えた

(Keystone)

スイスの若者の多くが16歳でセックスを初体験していることが、最新の調査でわかった。ほとんどの若者がコンドームを使用していたが、10人に1人が性感染症(STD)に罹患していたことも判明した。

 調査はローザンヌ、チューリヒの大学病院がインターネット上で実施。24~26歳の7142人が回答した。デートアプリなどデジタル技術の変遷がスイスの若者にどのような影響を与えたのかを調べるのが狙い。

 調査では、ほぼ全員(93%)が初体験で避妊具を使用したと答え、その大半がコンドームだった。またコンドームや避妊薬を現在も使っていると答えたのは大多数に上った。

 チューリヒ大学病院のブリジット・レナース氏は6日付の声明で「これだけ多くの若者が避妊具を使っているのは良いこと。もちろん100%が望ましい」とコメントした。

 一方、コンドームの普及にもかかわらず、10人中1人がクラミジアなどの性感染症(STD)にかかったことがあると答えた。回答者のほぼ半数(45%)がHIV検査を受けていた。

 回答者の約4分の3が決まった相手と交際中で、平均22歳からこの関係が続いていると答えた。これまで交際した人数は95%が少なくとも1人と答え、大部分は2~7人だった。

 調査では、スイスの若者の性生活にインターネットが大きな役割を果たしていることが判明。男性の62%、女性の44%がパートナーと出会うためのデートアプリを使ったことがあると答えた。オンラインでパートナーを見つけたことがあると回答したのは男性が48%、女性が43%に上った。また男性の35%、女性の22%が、インターネットで知り合った相手とセックスをしていた。

 また全体の3分の2が、性的な内容を含むテキストメッセージ、写真、ビデオを送信したことがあると回答。22%(主に男性)が性的な画像やメッセージを全く関係のない第三者に送信したと答えた。

 望まない性行為を経験したことがあると答えたのは男性(23%)より女性(53%)の方が多かった。調査はパートナーと良好な関係を維持するためという理由を挙げた。性的虐待またはレイプなど性的暴行を受けたことがあると答えた男性は2.8%だったのに対し、女性は16%だった。

(英語からの翻訳・宇田薫)

SDA-ATS, sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。