Navigation

ダイス外相ゴラン高原発言で、イスラエル不満

ダイス外相が、水曜、訪問先のシリアで述べたゴラン高原に関する発言に対し、イスラエルは強く不満の意を表明した。

このコンテンツは 2000/03/04 10:08

ダイス外相が、水曜、訪問先のシリアで述べたゴラン高原に関する発言に対し、イスラエルは強く不満の意を表明した。

ゴラン高原は、1967年の中東6日間戦争以来、イスラエルがシリアから併合・占領下に置いている。ダイス外相は、イスラエルのゴラン高原併合は、ジュネーブ協定違反であり、イスラエルは占領地から撤退するべきだとの、スイスの見解を再確認する発言をした。

これに対し、駐ベルン・メイヤー・イスラエル大使は、ダイス外相の発言により「感情を刺激された。」と述べ、発言の意味を説明するよう外相に求めた。メイヤー大使は、レヴィ・イスラエル外相が5月13日スイスを訪問する際、説明を求めると言う。

ダイス外相は、イスラエルの存在と安全保障の権利を侵害するつもりはないと強調し、イスラエルの反応に驚きを示している。


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。