ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ダボスにハッカー、出席者の個人情報漏れる

ムベキ南ア大統領とビル・ゲーツ氏の情報も漏れた。

(Keystone)

先月開催された第31回世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のコンピューターシステムにハッカーが侵入、出席者のクレジットカード、電話番号などの個人情報が漏洩していたことが分かった。フォーラム関係者は犯罪行為として警察に捜査を依頼した。

世界経済フォーラム(WEF)のチャールス・マックリーン広報部長のよると、ハッカーはクリントン前米大統領、アラファト・パレスチナ自治政府議長、ビル・ゲーツ氏など会議出席者のクレジットカード、電話番号、E-メイル・アドレス、パスワードなどを入手、情報の一部をCD-Romに保曹オ匿名で日曜紙「ゾンターグツァイトゥン」にリークした。マックリーン広報部長は「警察にはすでに通報した。我々は事態を深刻に受け止め早急に外部の専門家に要請して早急な解決をはかる。と語った。また、全会議出席者にも情報漏洩の事実を通知したため、世界各地のカード会社はキャンセルを始めている。

「インターネット経由で多大なダメージが引き起こされている可能性が高い。漏洩した個人情報は既にプロの犯罪組織に売り渡されているだろうから、詐欺に利用される可能性も高い。」と信販会社スイスカードのウルス・バウマン氏は言う。

WEF関係者らは、ハッカーは反フォーラムの反グローバリゼーション勢力ではないかと疑いを持っているが、反WTO活動家の1人、ジョバンニ・シューマッハーさんは「ゾンターグツァイトゥン」紙で、情報漏洩はダボス会議出席者にとっては深刻なリスクだと次のように語った。「CDは、我々がその気(本気で反ダボス闘争をする気)になったら実際にこういう事ができるということを証明しており、まさに警察が我々に期待している筋書き通りだ。」

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×