Navigation

チューリッヒでe-コマース会議

チューリッヒの世界貿易センターで、e-コマース会議が5日から2日間、駐スイス米国大使館とスイス経済省の協賛、米スイス・ジョイント経済委員会の後援で開かれる。

このコンテンツは 2000/06/06 16:00

チューリッヒの世界貿易センターで、e-コマース会議が5日から2日間、駐スイス米国大使館とスイス経済省の協賛、米スイス・ジョイント経済委員会の後援で開かれる。

パスカル・クシュパン経済相とJ・リチャード・フレデリックス駐ベルン米国大使が、議長を務めるe-コマース会議は、電子商取り引きのスタートから将来の経済的動向、プライバシーの問題などについて討論する。

e-コマース会議は、両国の理解と協力の促進を目的とする、米スイス・ジョイント経済委員会の傘下で行われる、初めてのイベントだ。参加企業は、Swisscom、UBS、Mckinsey and Co.、ノバーティス、ボストン・コンサルティンググループなど。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。