チューリッヒの繁栄は全国の犠牲、90年代スイス経済リポート

経済協力開発機構(OECD)のリポートによると、90年代は有効求人不足に伴う失業率増加がスイス経済を減速させ、同時にチューリッヒはスイスの金融中心地としての地位を強化した。

このコンテンツは 2001/07/16 06:45

リポートによると、80年代まではスイス経済は比較的全国の主要都市に分散されていたが、90年代以降はチューリッヒおよび周辺地域に集中するようシフトした。結果、富の分配はチューリッヒ、バーゼル(化学・医薬品工業の中心)、ルツェルン、中部スイスに集中し、他の地域は置き去りにされた。失業率の悪化は仏語州とイタリア語州で顕著となったが、隣接国から労働者が流入する国境地域では特にひどかった。OECDリポートの数字によると、スイス西部・南部の失業率は北部・東部より10%高かった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する