Navigation

チーリッヒ空港でスカッドミサイル部品密輸男逮捕

スカッドミサイルの部品を荷物の中に隠し、リビア行きの便に乗ろうとしていた台湾人ビジネスマンと名乗る男性が、6日チューリッヒ空港で連邦警察に逮捕されていたことがわかった。

このコンテンツは 2000/04/13 16:30

スカッドミサイルの部品を荷物の中に隠し、リビア行きの便に乗ろうとしていた台湾人ビジネスマンと名乗る男性が、6日チューリッヒ空港で連邦警察に逮捕されていたことがわかった。

連邦警察は、この台湾人ビジネスマンを44歳の男性としただけで、詳細は明らかにしていない。連邦警察は、この男性がスカッドミサイルの部品をリビアに運び出そうとしているという内報を受けたと発表した。

スカッドミサイルはロシアで開発され、リビア等複数の国で組み立てられている。核弾頭や化学兵器の弾頭を搭載することが可能だ。イラン・イラク戦争、湾岸戦争の際、実戦で使用された。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?