ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

デジタル民主主義 スイスで投票情報アプリが誕生 投票率アップになるか?

man holding mobile phone

スマートフォン用アプリ「VOTEinfo」を紹介するアンドレ・シモナッツィ内閣事務局副局長

(© KEYSTONE / PETER KLAUNZER)

スイス政府は、国民・住民投票に関する情報と投票結果が一覧できるアプリを開発した。1800年代までさかのぼる過去の情報も検索できるという。 

連邦および州当局は14日、投票アプリVOTEinfo他のサイトへを発表。これは、ユーザーが今後の投票について事前に情報収集したり、投票当日に結果速報を確認したりするのに役立つという。連邦レベルでは1981年まで、チューリヒなどいくつかの州ではさらに昔にさかのぼる(1831年)アーカイブの検索が可能だ。

アプリにはユーザーが投票に行くよう促すリマインダー機能が付いている。アンドレ・シモナッツィ内閣事務局副局長はこれを「典型的な電子政府プロジェクト」と呼び、ドイツ語、フランス語、イタリア語そして英語でもアプリの誕生をアピールした。

VOTEinfoでは、投票日の正午から中間結果が公表され、最終結果が出るまで定期的に情報が更新される。州当局は投票結果を自動的に連邦統計局他のサイトへに送信し、その結果は公開政府データとしてwww.opendata.swiss他のサイトへでいつでも閲覧できる。 

このアプリは、内閣事務局他のサイトへが連邦統計局とチューリヒ州と共同で開発した。すでに州独自の投票情報アプリ「Züri stimmt」を導入していた同州は、今後VOTEinfoに置き換えられる。VOTEinfoは無料で、iOSとAndroidで利用可能。 

アプリの開発費は15万フラン(1650万円)。運用コストに年10万フラン発生すると見込まれる。 

ただし、VOTEinfoでは選挙の立候補者に関する情報は提供していない。候補者情報は「smartvote」というサイトで扱っており、誰に投票するか決めるのに役立つ質問事項が掲載されている。

Keystone-SDA/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。