Navigation

ドレイフュス内務相、中東歴訪終了

ルス・ドレイフュス内務相は、4日間の中東歴訪の最終日エルサレムで、スイスは引き続き中東和平プロセスで調停の役割を果たすという提案を繰り返した。

このコンテンツは 2000/05/30 15:33

ルス・ドレイフュス内務相は、4日間の中東歴訪の最終日エルサレムで、スイスは引き続き中東和平プロセスで調停の役割を果たすという提案を繰り返した。

28日エルサレムで行われた会談で、ワイズマン・イスラエル大統領とドレイフュス内務相は、レバノン南部からのイスラエル軍撤退と来週ストックホルムで予定されている和平会談再開は、地域の和平推進への大きな機会となるだろうと語った。

またユダヤ人であるドレイフュス内務相は、女性への貢献と、人種差別・反ユダヤ主義との戦いにおける努力を評価され、エルサレムのヘブライ大学で名誉博士号を授けられた。

ドレイフュス内務相はまた、紛争の処理と解決を研究する機関スイス・センターの発足式にも出席した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。