Navigation

ネスレーとダノン、企業間電子商取り引き市場開設

ネスレー(スイス)とダノン(仏)は欧州初の企業間電子商取り引き市場を開設した。

このコンテンツは 2000/03/22 16:32

ネスレー(スイス)とダノン(仏)は欧州初の企業間電子商取り引き市場を開設した。

2社は、さしあたって発注のプロセスを自動化することで供給コストを削減する狙い。購入側と供給側は、ネット上でカタログ注文、入札やオークション等に参加できる。また、商品やサービスだけでなく原料やパッケージなどのソースにもアクセスできる。2社は、手順の簡略化と供給コスト削減が、値下げにもつながると期待する。

ネスレーとダノンの決定は、今まで消費者志向だった電子商取り引き市場で、企業間取り引きが本格的に始まるサインと評価される。




このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。