Navigation

ハノーバー貿易フェア

ドイツでハノーバー貿易フェアが始まった。180以上のスイス企業が参加しているが、スイス・デーでもあった初日のスポットライトを浴びたのは、初参加の連邦工科大学だ。

このコンテンツは 2000/03/21 16:42

ドイツでハノーバー貿易フェアが始まった。180以上のスイス企業が参加しているが、スイス・デーでもあった初日のスポットライトを浴びたのは、初参加の連邦工科大学だ。

連邦工科大学のステファン・ビエリ副学長は、民間企業と価値のあるな契約を結ぶために、ビジネスの場に参加することは有益だと語る。金融部門のリサーチ・プロジェクトにおける技術産業の役割は、主導的なものになっている。

最大の関心を集めたプログラムは、連邦工科大学のナノメートル(100億分の1メートル。最小の単位。)のリサーチだ。今後3年間、連邦工科大学はこの最小単位の産業用アプリケーションに6200万スイスフランを投資する。連邦工科大学は、機会構造、マイクロ電子工学、バイオテクノロジー、化学の分野で多大な商業上の可能性があると見込んでいる。

ハノーバー貿易フェアは、今週金曜まで。スイスのパビリオンは、02、13、15、18。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。