Navigation

パラリンピック スイス目標達成

快挙、クリストフ・クンツ選手 Keystone

第10回冬季パラリンピックが3月21日、終幕した。スイスは金メダル1個、銀メダル2個を獲得した。

このコンテンツは 2010/03/23 08:39

横断麻痺のクリストフ・クンツ選手はスイス選手団の中で最も成果を上げ、アルペンスキー滑降で金メダル、大回転で銀メダルを獲得した。また、ミヒャエル・ブリュッガー選手も滑降で銀メダルを取った。

スイス第7位

スイス選手団のリュディ・シュピッツリ団長はバンクーバーで開催された第10回冬季パラリンピックでは良い結果をあげたと評価し
「目標は達成した。悪かったところだけではなく、良い結果も分析しなければならない。実力を出せた選手がいる一方で、普段出している記録が出なかった選手がいたのはなぜかといったことを調査する」

クロスカントリーやバイアスロンといったノルディックスキー、車椅子カーリングなどは期待外れだったとシュピッツリ団長は言う。

スイスの獲得メダル数は金1、銀2だった。ドイツは金7、銀4、銅4、カナダ金6、銀4、銅3など、メダルの数でスイスは7位だった。また、スウェーデンのグレン・イコネン選手 ( 車椅子カーリング ) の交感神経β受容体遮断薬によるドーピングが発覚した。

swissinfo.ch、外電

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。