Navigation

ヒトラーを狙った男モーリス・バヴォー:刑死60周年に支援者ら名誉回復を要請

19415月14日、ヒトラー暗殺に失敗しナチスに処刑されたスイス人の学垂ェいた。モーリス・バヴォー、享年25才。刑死60年を機に遺族らは、スイス政府にバヴォー助命介入の失敗を謝罪し名誉回復をするよう要請している。

このコンテンツは 2001/05/15 06:11

モーリス・バヴォー委員会は14日、バヴォーがベルリン刑務所でギロチンに処された1941年5月14日から60周年を記念して、スイス政府に公式謝罪を要請する書状を発行した。委員会は、当時のスイス当局が自国民である神学帥oヴォーを見捨てスイス警察がゲシュタポに協力したことを非難し、政府責任を公式に認め倫理的、政治的な償いを要請した。また、バヴォーの弟アドリアン・バヴォー氏は、政府にモーリスの名誉回復を要請し、少なくともモーリスに関する正確な記録が認められるべきだと求めた。

1938年ヌーシャテルの神学垂セったモーリス・バヴォーは、アドルフ・ヒトラー暗殺を計画、ピストルを購入してドイツに潜入しヒトラーの行く先々に付いて回った。そして11月9日、ミュンヘンのナチス党大会に出席したヒトラーを銃撃したが距離不足で失敗、バヴォーは逮捕された。その後ベルリンで30ヵ月間独房に監禁されたバヴォーは連日拷問を受けたが、この間ベルリンに駐在するスイス外交官は誰もバヴォーに面会しようともしなかった。肉体と精神の限界をはるかに超える苦痛と恐怖の中、バヴォーは勇敢に最期を迎えた。スイスの家族へ�てた別れの手紙で、バヴォーは自分のしたことに一切後悔はしていないとしたためた。

1980年スイス当局がバヴォーのために十分な措置を取らなかったことを公式に認め、連邦政府は89年に初め遺族に同情の意を表明した。が、その際政府は、事件の背景とバヴォーの動機が判明していないという理由で公式謝罪はしなかった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。