Navigation

ビンラディン氏の異母兄インタビュー

イェスラム・ビンラディン氏。ジュネーブSICO SA本社で。 Keystone Archive

オサマ・ビンラディン氏のジュネーブ在住の異母兄イェスラム・ビンラディン氏がswissinfoのインタビューに応じ、スイスでの「ビンラディン 禁じられた真実」発売禁止、tax haven(税金回避地)疑惑などについて語った。

このコンテンツは 2002/02/12 13:45

イェスラム・ビンラディン氏はswissinfoと仏語紙「Le Matin」日曜版の取材に対し、「ビンラディン 禁じられた真実」(ジャン=シャルル・ブリザール ギョーム・ダスキエ共著)のスイスでの発売禁止を求めた事は間違いだったと語った。「(同著の発売を阻止したことは)間違いだった。ある人々にとって、私の沈黙は本の内容が真実であるという証拠となった。ジュネーブ地裁へ訴えたのは、この本に真実でない内容があったことを示したものだ。」。ジュネーブ地裁は1月18日、「ビンラディン 禁じられた真実」の独語版の版権を持つドイツの出版者ペンドに対しスイスでの発売禁止を決定した。イェスラムさんは、ビンラディン一族を洞察した同著はイェスラムさんの個人の安全を脅かしたと訴える。「あの本が出てから私はガードマンなしで外出できなくなってしまった。」。さらに、同著のイェスラムさんと異母弟オサマ・ビンラディン氏が同じビジネスコネクションを持つという記述は「間違い」であり、この記述によってビジネス上大きなダメージを受けたという。

また、イェスラムさんは、ジュネーブで経営する会社SICOには系列会社は全く無く、国外のtax haven(税金回避地)で子会社を経営しているとの疑惑を否定した。そして、自分をおとしめようとしている人々に対し法的手段を取るつもりだとの考えを示した。さらに、「Bilan」誌がイェスラムさんの資産を推定1億から2億スイスフランとしたことに対し「過大評価」としたが、詳細は明らかにしなかたた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。