Navigation

フェデラー、メダル逃す

テニス男子シングルスの3位決定戦で、フランスのアルノー・ディ=パスカルと対戦したロジャー・フェデレラーは、2時間23分の熱戦の末セットカウント2ー1で負け、4位に終わった。

このコンテンツは 2000/09/27 11:26

テニス男子シングルスの3位決定戦で、フランスのアルノー・ディ=パスカルと対戦したロジャー・フェデレラーは、2時間23分の熱戦の末セットカウント2ー1で負け、4位に終わった。

第1セットは、7ー5でパスカルが、第2セットはパスカル7ー6とマッチポイントを取ってからフェデラーが猛反撃、9ー7で征し、第3セットにもつれ込んだ。結局、パスカルが第3セットを6ー3で取り、銅メダルを獲得した。

バーゼル出身のティーンエイジャー、フェデラーは「最後の2試合に負けてしまい、メダルのチャンスも逃してしまったが、すばらしい経験ができた。」と、語った。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?