ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

観光立国の受難 フラン高、スイスの飲食店に大打撃 廃業数が記録的な多さに

ルツェルンのレストラン

ルツェルンのレストランで客を呼び込むシェフの人形。かえって客を遠ざけているのかも?

(Keystone)

スイスでは2017年、前年の3倍以上の数のパブやレストランが閉店した。フラン高が主な要因となり、倒産件数が前年比4.4%増える一方、新規開業は25%減った。

 業界団体ガストロスイス他のサイトへと信用調査会社クレジットリフォーム他のサイトへによる共同調査を、独語圏の日曜紙ゾンタークス・ツァイトゥング他のサイトへが27日報じた。17年は飲食業約2220店がデータベースから消え、684店が破産した。新規開業は2048店にとどまり、856店の純減となった。

resto graph

レストランの純増減

 ガストロスイスのカシミール・プラッツァー会長は、閉店数が多くなった理由にフラン高と投資の先送りを挙げる。特にティチーノ州、ベルン州、ジュネーブ州、ルツェルン州、チューリヒ州でこうした傾向が強かった。

 プラッツァー会長は「フラン高は山や田舎、国境付近の地域で業界に大きな打撃を与えている」と話す。飲食業界はもともと利幅が小さく、フラン高で観光客が減り売上が伸びなかったという。

 後継者不足ものしかかる。労働時間が長く儲けの少ない飲食店の跡を継ぎたい子供は少ないという。

 同紙は、食習慣が変わり昼食にかける時間が減ったことも理由の一つとして指摘した。

swissinfo.ch/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。