Navigation

ブラジルでUBSとCSの社員が逮捕される

ブラジルの金融街で交換レートを見る男性 Keystone

勾留されているのはUBSの社員とクレディ・スイス ( Credit Suisse ) の子会社クラリデン・ロイ ( Clariden-Leu ) の社員がそれぞれ1人ずつ。

このコンテンツは 2007/11/08 09:38

ブラジルの警察は、資金洗浄と脱税の疑いで44の企業に対して強制捜査を行い、前出の2人を含む19人を逮捕した。

「オペレーション・スイス」

ブラジル司法当局によると、今回の摘発は2006年に行われた捜査「オペレーション・スイス」に関連しているという。当時は、クレディ・スイスの社員7人が有産階級の資産を違法に外国へ流したとして逮捕された。

今回の事件では、スイスの銀行がアメリカの金融企業「AIG」や闇市場の金融業者と組んで、ブラジルの大企業の資金を毎月何億円という単位で洗浄していた疑い。これまでの18カ月間で10億レアル ( 約642億円 ) が外国へ流され、アメリカや中国で製品の購入に当てられていたと見られている。被害総額は5億ドル ( 約563億円 ) に上る。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。